埼玉県草加市の本格的正統派ピアノ教室 ますださおりピアノ教室

幼児の絶対音感~専門~上級者~趣味まで幅広くに対応&満足させられる指導。その秘訣は!継続する師事のプロピアニストからの伝授と、そのレッスンを通じて自身が研究する努力と実践にあった…!

音楽愛なる日記

2018-12-02 20:29:00

されど指使い その①

昨日のレッスン。

 

持っていった新曲「ベトソナ」冒頭のスピード感を要する左アルペジオ…

自分なりにどう練習してもどう弾いてもミス多発…

一体どうしたものか。

単に自分の能力不足のか、それとも基礎の修練がまだまだ足りないのか?

先生の前ではそれがより顕著に現れてしまった。

 

「それ続けたい!?」

 

6小節で止められ、全面否定の呆れ果てた言葉に聞こえる。

自分が否定的感情を持っているからなおさら…!

少しマシにはなったもののどう練習してもそこからの進展がないとの旨を伝え、

 

「せんせい弾いて…」

 

(Y氏いつもの如く鮮やかに弾ききる。

アラブレーベ2小節分その間、左の音数24コをものの2秒で、笑)

 

「あれ!?先生、ちょ、ちょっと待って!ウっソ!」

 

指使いが違う…!

 

猛スピードで弾く先生の手の、指使いが自分と違う!

 

ヘンレ版の指使い、しかも十中八九ふつーみんなその指使いで弾くであろう当たり前だと思っていた常識的指使いと、違う!

 

師「別になんだってよくない!?その方が弾きやすいでしょ…」

 

とか仰りながらも、書いてある指使いは邪悪だと。

 

(じゃどーでもいいことないじゃん!!超重要じゃん!)

 

 もう事件に等しいよ、これ(笑)

 

いやぁね、なんでもパラパラ簡単そうに弾くのでも有名なこのピアニストY氏のノウハウの中に

【指使い】

てのがあって、その指使いを伝授いただき、そしてこのY氏に師事してそろそろ5年の今となっては、私にも無駄のない効率的な良い指使いを自分で見出だせるようになってきたと思っていただけに、今日は衝撃的だった!

 

持ち帰ってきて早速その指使い。

 

…弾ける!

 

たかが指使い、されど指使い。

 

ちなみに「常識」「固定観念」「先入観」「既成概念」これらは百害あって一利なし。

ほんと邪魔。

 

 

 

 

Today