埼玉県草加市の本格的正統派ピアノ教室 ますださおりピアノ教室

え?なになに?こんなお城みたいな所でレッスン? いえいえ…見た目より中身がもっとスゴいんです!(^^; そう…エキスパートなレッスンがどなたでも、こんな身近に、こんなお手頃料金で、受けられるんです! 乞うご期待!!

音楽愛なる日記

2018-07-20 18:46:00

公開レッスン聴講

公開レッスンを常に聴講し触れておくことは、自分のレッスンを改善し役立てる為のよい勉強になります。

 

先日は名ピアニストで名教師の赤松林太郎先生のレッスン聴講、10時~20時、まるまる一日です。

今回はコンペ本選に向けてポイントを絞ってのレッスン、受講生は小1~高3の22名、レッスン時間は一人20分。

 

果たしてそんな短時間で何ができるのか。

 

と思ったのもつかの間、

目の前でその子の演奏がみるみる変わる…!

弾き始めの硬い表情から一転アーティストの顔に変わる…!

 

驚きの連続でした!

 

もちろん能力の高い子たちなので、言われた事をその場でパッとできちゃう、てのはありますが…

 

でもでも、それはまるでマジック!

 

演奏もテクニックも論理があり科学ですから、マジックはあり得ないのだけれど、あたかもマジックにかかったかのように本当にみるみる変わるのです…!

 

赤松先生って、なんて褒め上手で「気分」を乗らせる事が上手いの…!(「ココロの感動」という名の叫び)

 

指導者として生徒の精神面を支え強化する事がどんなに大事かを痛感しました。

 

赤松先生は、

 

「同じ作品でも演奏者によってアプローチは異なり、楽譜から抽出されるイマジネーションは様々。だからこそ再現芸術は立派な芸術行動なのであり、不朽のものとして今日まで継がれているのです。私たちはその多様性を認めるところから始めなければなりません。短所は決して欠点ではなく、新たな魅力へとつながるエッセンスになり得るからです。それを表現力として活かしてあげられるかどうかは、専ら指導者の導きによります。」

 

とおっしゃるように受講生達みんな、先生のご指導により自信と幸せを与えられ嬉しそうな表情になるのです!

 

私も今度のレッスンからは、どんな状況であれ、何らかの自信と幸せを与えてフィニッシュしようと決意しました。

 

ちなみに、毎年夏に行われるモスクワ音楽院の教師陣によるロシアンスクールでの公開レッスンは真逆です。

受講生はピアニストの卵たちや既に活動されている若手ピアニスト、音大の講師さん達ですが、あそこまで酷く罵られ、自信をズタボロに砕かれたらたまったもんじゃありません。

でもね、それが「音楽」の厳しい道。「音楽」という美しいものをクリエイトし、聴衆者の心に届けるには、時にはどん底から這い上がる事も大事なのです。天狗になってしまっては最後。人間のあらゆる感情を音として表現することは、より多くの感情体験があった方がいいのです。

いかなる状況からでも立ち上がり打ち勝っていくかの世界でもある。過去の音楽家達もみんな苦悩との隣り合わせ、闘っていました。

 

そんな点ではスポーツの世界と同じです。

 

 

私も師事のY氏からはレッスンで毎回のように罵られズタボロにされてます(笑)

 

もう慣れてきたけど(笑)

 

最近では、罵られ最中に自ら笑うようになるまでにメンタル成長しました!(笑)

 

そうでもしてメンタルコントロールしないと、メゲ倒されたら、ハイおしまい!

 

でも数回に一度の大泣きは健在だけど(笑)

1

Today