埼玉県草加市の本格的正統派ピアノ教室 ますださおりピアノ教室

幼児の絶対音感~専門~上級者~趣味まで幅広くに対応&満足させられる指導。その秘訣は!継続する師事のプロピアニストからの伝授と、そのレッスンを通じて自身が研究する努力と実践にあった…!

音楽愛なる日記

2019-08-31 10:02:00

ボロクソ言われて当たり前

師匠のベトソナCD聴いて勉強してみる。

 

やぁーっぱかぁーっこイイ~!

 

「そこ跳ねない!切り離す!」

とキツく言われた箇所、納得!残響だ残響!

にしてもさっすがプロ!

「若かったし今聴くとウンコだらけ!突然のベトソナ全曲企画で満足な練習なしで短期間で録ったし」と。

 

その上質をウンコ扱いなんだから、私ボロクソ言われて当然だ🤣

2019-08-30 12:03:00

弾く為の身体の柔らかさとは

 ピアノを弾くにおいて必要な手首や腕の柔らかさって、結局は脳の柔らかさなんだよね。

「腕をやわらかく」て言うとバレエみたくなっちゃう生徒いるけど、「そうじゃなくて」と指摘すると「確かに」て感じで生徒も笑ってます(笑)

 

脳を柔らかくする対策(要は弾ける為の対策)は、

対象とする音型をより多角的に捉え色々にアレンジする事です。

・和音

・和音をより小さい単位に分けて

・逆さまから

・リズムで

・部分的にアクセントを付けて

などなど…

これらの網羅でたったの数分。

これでかなり弾けるようになります!

 

もちろんこれらを指導する事こそもレッスンの重要ポジションです。

2019-08-29 17:58:00

奏法の悩み

常に奏法に悩み、研究をしている私ですが、

そもそも奏法に悩みがない人なんていないよね…

もしいたら、それはないのではなくて、

″気づいてない″

″理想がない″かだよ…

 

ピアニストだって、そりゃレベルさえ違えどそれなりに苦労や悩みもあるそうだし。あれだけ弾ける鬼才ピアニストの師匠Y氏をそう言ってたっけ…

 

常に探究していく事が音楽をつくる!

 

あは、これ名言になるかも(笑)

 

2019-08-28 14:29:00

高速パッケージのミス対策

高速パッセージが弾けない時って、打鍵時の指がナナメってるんだよね。

指の幅を作ろうとする段階で打鍵しちゃう、という論理だと思う。

 

解決策は、焦らない事と掌の素早い伸縮を伴った指の準備。

2019-08-27 10:48:00

あえてチェルニー30番(続)

昨日のブログの追伸(笑)

 

私が鬼才Y氏の下でチェルニー30番をやる、という事は、言うなれば、私の生徒達も間接的ではあれど、

″ピアニストの鬼才Y氏のレッスンを受けてる″

てことなのです♪

 

ちなみに先日、チェルニー30番やってる小5の生徒に、

「先生も今、必死で何十年ぶりそれをもう一度やり直してるのよ♪」

と話したら、スッゴく嬉しそうな表情に変わり、

やる気を出してくれた!

 

よし、この手でいこう(笑)

1 2 3 4 5 6

Today